[6]秋元中津川渓谷探勝路

コースNo.6 秋元中津川渓谷探勝路 難易度:一般向け
全長 片道1.3km 所要時間 片道20分(中津川渓谷右側の探勝路)
 
コース解説

吾妻山に源流に持ち、秋元湖に流れ込む中津川渓谷に沿って歩くコース。
川の流れによって削られた渓谷は、場所によって白や黒の岩肌を見せ、流れる澄んだ水との景観が美しい。春はブナやナラ、カエデなどの広葉樹が一斉に芽吹き、コルリやオオルリのさえずりでにぎやかな森となる。また秋はこれらの広葉樹が赤や黄色に色づき裏磐梯でも有数の紅葉スポットとなる。
中津川渓谷へ降りるには磐梯吾妻レークライン途中にある中津川レストハウスの駐車場に車を置き歩いていくか、秋元湖畔にある車道を一番奥まで移動し、そこから歩く方法があるが、それぞれのコースは接続していない。

 
アクセス

コース周辺にバス停がなく、周辺にもバス路線がないのでマイカーを利用しない人はタクシーを利用するか、徒歩もしくは自転車での移動となる。最寄のバス停は磐梯東都バス「秋元湖入口」バス停になるが、地図の車両通行止めの地点まで5km以上離れているので、ビジターセンター周辺のホテル等で自転車を借りていくのが良いだろう。また秋元湖畔の林道は道幅も狭く車も通ることが多いので注意が必要。

●車の場合
中津川に沿って歩く(片道1.3km、約20分)
秋元湖畔(約3km)を車で進み、地図の「車輌通行止め」付近に駐車し歩く。秋元湖畔は道幅が狭く、車同士のすれ違いが難しい。また散策をする人、サイクリングをする人がいるので注意が必要。
●磐梯吾妻レークラインから中津川へ下る(片道0.4km、約10分)
磐梯吾妻レークラインの中ほどにある中津川レストハウスに駐車し、ここから中津川へ探勝路を下る。歩道は整備されているが滑りやすいので注意が必要。

 
コース標高差