今日はイエローフォールに行ってきました。
イエローフォールは、磐梯山の爆裂火口にでみられる黄色い巨大氷瀑です。
夏場には滝がなく、染み出した水が冬場に凍ってイエローフォールが形成されます。
冬場にしか見られないことから、「幻の氷瀑」とも呼ばれます。

出発準備
ビジターセンター正午の気温は-3.6℃、天気は雪でした。
必ず防雪・防寒対策(スノーシュー、レインウェア、防寒着、帽子、手袋など)を行ってください。
温かい飲み物や行動食なども準備しましょう。


スノーシュー
今回もスノーシューを履きました。これがないと歩いていくのは難しいでしょう。

イエローフォールまでの道のり
イエローフォールまで決まった道はありません。
今日は踏み跡(トレース)もありませんでした。
トレースは、降雪や風の影響で消えてしまうこともあります。
道に迷う可能性がありますので、地元のガイドさんと一緒に歩くことをおすすめします。

裏磐梯登山口から、裏磐梯スキー場のゲレンデを登り、イエローフォールを目指します。
途中までは、裏磐梯スキー場のリフトを使って登ることが出来ます(山頂往復券 ¥1,500)。


裏磐梯スキー場のリフト
リフトを2つ乗り継いで入口まで向かいます。


二つ目のリフトを下りた地点からの眺望
天気が良ければ桧原湖が望めます。


トレッキングコース入口の看板
ここからスタートです。スノーシューはここで履きましょう(リフトはスノーシューを履いて乗れません)。


自然のアーチ
雪の重みで樹木が押されてアーチが出来ていました(今回はこの下をくぐりました)。


銅沼入口
銅沼(あかぬま)の看板です。真っ直ぐ沼に向かって進みます。


銅沼を渡っている様子
凍った銅沼の上を渡っていきます。


火口壁から立ち昇る噴気
磐梯山が活火山である証拠です。硫黄のにおいが漂っています(ガスに注意!)。


櫛ヶ峰
残念ながら見えませんでした。天気が良ければ荒々しく勇ましい姿を拝めます。

イエローフォール到着
片道1時間程度歩き、イエローフォールに到着しました!



イエローフォール
黄金の氷瀑です。残念ながら雪が被っていました。


青っぽい氷瀑
イエローフォールの近くには青みを帯びた氷瀑もありました。

イエローフォールをはじめ、冬の絶景を見られるのは今だけです!
今シーズンは積雪も豊富なので、スノーシューを使ったトレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

◇おおひら◇

事前に気象情報やスキー場リフトの運行状況をご確認ください。[裏磐梯スキー場のホームページ]
裏磐梯ビジターセンターでは、長靴、スノーシュー、双眼鏡などをレンタルしています。[レンタル料金等の詳細]