6月22日に雄国せせらぎ探勝路から雄国沼木道まで歩いてきました。
行程は、雄子沢登山口から雄国沼休憩舎(片道約3.3㎞)~湿原の木道入口まで(片道約1.4㎞)
~湿原の木道(1周約800m)でした。
ビジターセンター正午の天気は曇り、気温は18.6℃でした。

途中、沢水が流れている箇所や、岩や樹根の上など滑りやすいところもあるので、
トレッキングシューズなどのしっかりした靴をお勧めします。
また、気温変化に対応できる服装で、上下レインウェア、帽子、タオル、行動食、飲み物、
クマ鈴などを準備して歩きましょう。
————————————————————————
新型コロナウイルス感染拡大防止について
〇発熱の症状がある等、体調の悪い方は入山を控えてください。
〇混雑を避け、少人数での利用を心がけましょう。
〇探勝路や木道では、人との適切な距離を保ちましょう。
〇休憩舎内ではマスクを着用し、短時間の利用を心がけましょう。
〇下山したら手洗い・手指の消毒を徹底してください。
————————————————————————

↓雄子沢登山口から歩き始めました。

↓探勝路の様子

↓マルバノフユイチゴ

↓ギンリョウソウ

↓雄国休憩舎に到着です。

——————————————————————
新型コロナ感染予防対策として、三密を避けるようご協力ください。
休憩舎内ではマスクを着用し、短時間の利用を心がけましょう。
——————————————————————

雄国沼湿原へ向かいます。

↓ホウチャクソウ

↓木道前の沼でひしめくオタマジャクシ

↓雄国沼湿原木道

全体的に6~7咲きの状況です。

↓ニッコウキスゲ

↓動物の足跡

タヌキでしょうか?

↓木道の破損箇所


隙間や段差があります。足元に注意しましょう。
パイロンが木道の下に落ちてしまっているのを見かけましたら、
ビジターセンターまでお知らせください。

↓今シーズンは喜多方(金沢峠)からのシャトルバスは運行されません。
一般車両も7月19日(日)まで雄国林道・中道地林道は通行止めとなっています。

コロナ禍の中、新生活様式での観光再開となりました。
発熱の症状がある等、体調の悪い際は入山をお控えください。
また、混雑を避けるためにも少人数での利用を心がけましょう。

◇たかしま◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。
※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。また、近年、イノシシも裏磐梯に生息し始めました。どちらも目撃しましたら、ビジターセンターまでお知らせください。(0241-32-2850)
※長靴、双眼鏡、クマ鈴、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。