今日は小野川不動滝探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は曇り、気温は3.5℃でした。
探勝路上には多いところで50~60cmほどの積雪がありました。スノーシューを用意しましょう。
また、上下レインウェア、防寒着、帽子、手袋などの防寒対策をおこない、
温かい飲み物や行動食なども準備するとよいでしょう。
今日は小野川不動滝まで踏み跡がついていませんでした。
道に迷う危険がありますので、ガイドさんに案内してもらうことをおすすめします。

↓看板を目印に鳥居のある探勝路入り口を目指して歩いて行きます。

↓鳥居が目印のグリーンシーズンの探勝路スタート地点

↓探勝路の様子

一部急な坂を登るところがあります。

↓急な坂を登り切り平坦な道を進むと小野川不動滝に到着です。

↓滝の周りの氷が青く見えることから、「ブルーフォール」と呼ばれています。

↓わずかに青く見える箇所がありました。

道中では動物の足跡や痕跡、昆虫、冬芽などが見られました。

↓ニホンノウサギでしょうか?

↓しゃくとりむし型の足跡

テンでしょうか?

↓セッケイカワゲラ

↓何かが雪の下からモグラの仲間を掘り起こしたのでしょうか

↓キブシの花芽

↓ブナの枯れ葉

ブナは落葉樹なのですが、落葉する際に葉の付け根に形成される離層が
完全には形成されないため、枯れ葉が枝についたままなっているものがあります。

小野川不動滝以外にも動物の痕跡や植物の冬の姿を観察じっくり観察することができました。
装備を整えて滝以外にも魅力がある小野川不動滝探勝路を歩いてみませんか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。