今日は小雨の中、桧原・細野パノラマ探勝路を散策しました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は曇、気温は21.7℃でした。
桧原集落口から桧原大橋入口までの区間と県道64号線上を歩きました。
裏磐梯野鳥の森探勝路(細野口)は木道破損のため現在は通行止めです。
雨具、クマ鈴などを準備し、防水性のトレッキングシューズなどのしっかりした靴で歩きましょう。

↓桧原口入口

↓ニカワホウキタケ

オレンジ色が目を引くキノコです。

↓テングタケのなかま

可愛らしい見た目ですが、有毒です。

↓オニシロタケのなかま

落ち葉をどけると、根本に菌糸が広がっているのが分かります。

↓探勝路の様子

雨天時は階段が滑りやすいので注意が必要です。

↓アカヤマドリでしょうか?

20cmほどの大きな傘、ひび割れがパンケーキのようなキノコです。

↓ホコリタケ

指でキノコをつまむと中央に開いた穴から細かい胞子が噴き出します。

↓ハナホウキタケ

根本から分岐しているのが特徴的です。

↓アサギマダラ

ミゾソバの花を吸蜜していました。

↓ジャコウソウ

斜面に群生していました。淡いピンク色がきれいです。

足元をよく見ながら散策すると大小様々で白・茶色・黄色・紫色と鮮やかなキノコを見つけることが出来ます。
(野生キノコの採集・喫食は食中毒の危険があります。確実に種が判断できないキノコは食べないでください。)
キノコ類や種子、秋のいきものを探しながら、ゆっくりと散策してはいかがでしょうか。

◇たかしま◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。
※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、目撃されましたらビジターセンターまでお知らせください。(電話:0241-32-2850)
※長靴、双眼鏡、クマ鈴、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。