6月17日に桧原集落から県道64号線上を徒歩移動し、桧原大橋入口から桧原集落口までの行程で桧原・細野パノラマ探勝路を歩いてきました。この日の裏磐梯ビジターセンター正午の天気は雨、気温は12.8℃でした。足元は防水性のトレッキングシューズ、服装は体温調節できる重ね着で飲み物や行動食、上下レインウェアなどを準備しましょう。

↓裏磐梯野鳥の森探勝路(細野口)は、木道破損のため現在は通行止めです。

細野口からは通行止めのため桧原集落に車を駐車して県道64号線を桧原大橋まで徒歩移動。桧原口より桧原集落口を目指して探勝路を歩きました。次は県道64号線を移動中に見られた生き物たちです

↓ガクウラジロヨウラク

↓アクシバ

↓オトシブミの揺籃

↓オトシブミ(雌)

↓道端のマムシグサ

↓モリアオガエルの卵塊

↓シュレーゲルアオガエル?の卵塊

↓エゾハルゼミ(雄)

↓桧原口入口です。(桧原大橋沿い)

↓桧原口

↓フタリシズカ

↓キブシの実

↓ギンリョウソウ(花の盛りを迎え、いたるところで咲いていました)

↓展望台からの景色です。(眺望は望めませんでした)

↓たくさんのヤマナメクジがいました。

↓イチヤクソウ

↓ツクバネソウ(5葉です)

県道64号線沿いを歩いて桧原集落口から桧原口まで徒歩移動して、そこから桧原・細野パノラマ探勝路を歩きました。普段は県道64号線は車で移動していますが、多くの生き物たちの姿が見られました。また桧原・細野パノラマ探勝路内は折からの雨で生き物達がいきいきと活動している姿が印象的でした。これから梅雨本番となりますが、雨の備えを万全にして散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

◇さとう◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。
※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。また、目撃されましたらビジターセンターまでお知らせください。(電話:0241-32-2850)
※長靴、双眼鏡、クマ鈴、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。