今日は小野川不動滝探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は曇り、気温は2.5℃でした。

スノーシュー、上下レインウェア、防寒着、帽子、手袋などの防寒対策をおこない、
温かい飲み物や行動食なども準備するとよいでしょう。

↓看板を目印に、グランデコへの道から分かれ鳥居のある探勝路入り口を目指して歩いて行きます。

今日は小野川不動滝まで、踏み跡がついていましたが、雪が降り踏み跡がなくなると、
道に迷う危険性があります。ガイドさんに案内してもらうことをおすすめします。

↓雪に埋もれた鳥居の脇を通ってスタートです。

↓探勝路の様子

↓探勝路内ではニホンリスの足跡が多く見られました。

↓ブナの枯れ葉

ブナは落葉樹なのですが、落葉する際に葉の付け根に形成される離層が
完全には形成されないため、枯れ葉が枝についたままなっているものがあります。

↓しばらく進むと杉林の急な斜面を登るようになります。

↓斜面を登り切ったら平坦なところを右に進みます。

↓スギの雄花

スギは雌雄同株なので、1本の木に雄花と雌花をつけます。
花粉を飛ばすのは雄花のみです。

↓サワラの葉の裏

気孔帯と呼ばれる白い部分はX字型をしています。

↓斜面を転がってきた雪玉

↓平坦な道を進むと小野川不動滝に到着です。

↓滝の周りの氷が青く見えることから、「ブルーフォール」と呼ばれています。

↓小野川不動滝からさらに先に進む道もありますが、今日は踏み跡がありませんでした。

滝を見たら、そのまま来た道を引き返すことをおすすめします。

植物の冬の姿を観察したり、動物の痕跡などを探したりすると、散策がより楽しめます。
装備を整えてブルーフォール以外にも魅力のある、小野川不動滝探勝路を歩いてみませんか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。