今日はイエローフォールに行ってきました。
ビジターセンター正午の気温は-1.9℃、天気は雪でした。

スノーシュー、上下レインウェア、防寒着、帽子、手袋などの防雪・防寒対策は必ずおこない、
温かい飲み物や行動食なども準備するようにしましょう。

イエローフォールまで決まった道はありません。
今日は踏み跡がありましたが、降雪や風の影響で消えてしまうこともあります。
道に迷う可能性がありますので、地元のガイドさんと一緒に歩くのをおすすめします。

金~月曜日は、裏磐梯スキー場のリフトを利用して、ゲレンデを登ることができます。
スキー場の営業日につきましては、事前の確認をお願いします。

↓リフトを2本乗り継いだところからスタートです。

↓しばらく歩くと銅沼に到着です。

残念ながら櫛ヶ峰には雲がかかっていました。

↓銅沼を過ぎると大きな岩がゴロゴロしているところを通ります。

↓岩と雪が一体となったような、不思議な光景です。

さらに進むとイエローフォールに到着です。
↓イエローフォール

↓イエローフォールから少し離れたところには、透明な氷瀑があります。

イエローフォールとは対照的な静かな印象を受けます。

歩いている最中には、様々な植物の冬芽や樹皮が目につきました。

↓ウリハダカエデの冬芽

↓ヤナギの冬芽の芽鱗が剥がれ、中のフワフワした部分が見えているものがありました。

↓ダケカンバ。樹皮が剥がれやすいです。

イエローフォールまでの道中でも、冬ならではの景色が楽しめます。
十分な準備や装備をして、冬しか楽しめない景色を楽しんでみてはいかがですか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから

※長靴、スノーシュー、双眼鏡、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。