今日は小野川不動滝探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は晴れ、気温は-0.3℃でした。

スノーシュー、上下レインウェア、防寒着、帽子、手袋などの防寒対策をおこない、温かい飲み物や行動食なども準備するとよいでしょう。

↓看板はほとんど埋まっていますが、ここから鳥居のある探勝路の入り口を目指して歩いて行きます。

今日は小野川不動滝まで、トレースがほとんどついていませんでした。
また、雪が降り踏み跡がなくなると、道に迷う危険性がありますので、
ガイドさんに案内してもらうことをおすすめします。

↓雪に埋まった鳥居から探勝路スタートです。

↓探勝路の様子

足元にも注意が必要ですが、枝に積もった雪が落ちてくるかもしれないので、
頭上にも注意が必要です。

↓鳥居から少し歩くと、杉林の急な斜面を登るようになります。

この急な斜面を登り終えると、小野川不動滝まではほぼ平坦な道です。

↓小野川不動滝

滝の周りの氷が青く見えることから、「ブルーフォール」と呼ばれています。

最後に今日、目に留まったものを紹介します。

↓クロカワゲラの仲間

大きさは1cmほどでしたが、黒いので雪の上で目立ちます。

↓ツノハシバミの冬芽

綺麗な赤色でした。枝には毛が生えています。

↓トチノキの冬芽

トチノキの冬芽はネバネバしているのですが、そこに虫がくっついて死んでしまっていました。

↓サワグルミの冬芽

芽鱗がはがれ、光沢のある冬芽が見えていました。

滝だけでなく、冬芽や昆虫など様々な楽しみ方がある小野川不動滝探勝路を歩いてみてはいかがですか。

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから。

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。まだ冬眠していない可能性があります。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。 どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)