今日は八方台登山口から登り、中の湯跡から磐梯山頂上には行かずに銅沼(あかぬま)を通り裏磐梯登山口に下山するルートで歩いてきました。
ビジターセンター正午の天気は雨、気温は14.1℃でした。

防水性のトレッキングシューズか登山靴がおすすめです。
上下レインウエア、ザックカバー、クマ鈴、タオル、帽子などを準備しましょう。
歩いていると暑さを感じましたが時折風が吹いて体が冷えました。
体温調節ができる服装の準備も必要です。

↓八方台登山口からスタートです。

↓あいにくの雨で足元が滑り易かったです。気を付けて歩きましょう。

↓中の湯跡付近から磐梯山頂を望みます。山頂付近は木々の葉が色づいてきました。

↓中の湯跡付近の木道が傾いています、雨で濡れた日などは滑りやすいので注意して歩いてください。

↓ウルシの葉が色づいていました。

↓八方台登山口、弘法清水、裏磐梯登山口の分岐点です。今日は弘法清水、磐梯山頂には行かずに銅沼(あかぬま)を目指します。

↓銅沼(あかぬま)に到着しました。少し減水気味のようです。

↓銅沼(あかぬま)から裏磐梯登山口に向います。雨で登山道がぬかるんでいました。注意して歩いてください。

↓裏磐梯登山口近くの裏磐梯スキー場に着きました。

※雨の中でしたが秋が確実に近づいてきているように感じました。秋を探しに歩かれてみてはいかがでしょうか。

◇さとう◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちらから

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年イノシシも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)

※長靴、双眼鏡、クマ鈴、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。