昨日は、待ちに待った磐梯山の山開きでした。
八方台登山口から登り、裏磐梯スキー場に下山するルートで登ってきました。
ビジターセンター正午の天気は晴れでした。

防水性のトレッキングシューズか登山靴がおすすめです。
上下レインウエア、ザックカバー、クマ鈴、タオル、帽子などを準備しましょう。
歩いていると暑さを感じましたが、山頂付近では風が強くて体が冷えました。
体温調節ができる服装の準備も必要です。

↓八方台登山口からスタートです。

↓新緑のブナ林の中を行きます。

↓しばらく歩くと、中ノ湯跡に到着です。

↓ツバメオモト

↓弘法清水で美味しい水を補給し、さらに山頂を目指します。

↓弘法清水から山頂までの登山道の様子

弘法清水から山頂までの登山道は狭いため、混雑時は譲り合いながら歩きましょう。

急登を登り切ると、山頂に到着です。
少し曇り気味でしたが、素晴らしい眺望が楽しめました。

↓裏磐梯方面

↓会津盆地

↓猪苗代湖方面

再び弘法清水へ下り、お花畑を通りました。

↓お花畑のミヤマキンバイ

↓ミツバオウレン

↓天狗岩(左)と櫛ヶ峰(右)

↓中の湯の分岐から銅沼までの登山道では、ぬかるみが多くありました。
滑らないよう足元には十分注意しましょう。

↓サンカヨウ

↓長い下りを終えると、銅沼の絶景が待っていました。

↓ツマトリソウ

↓裏磐梯スキー場に戻って来ました。

山頂からの360度の眺望はもちろんのこと、可憐な花々に癒されながら、磐梯山の魅力が十二分に感じられた登山でした。
みなさんもぜひ、装備を十分に整えて、磐梯山に登ってみてください。

◇はるるん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年イノシシも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)

※長靴、双眼鏡、クマ鈴、傘をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。