今日は小野川不動滝探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は曇り、気温は-2.4℃、積雪は162㎝でした。

スノーシュー、防水性のトレッキングシューズ、スパッツが必要です。
上下レインウェア、帽子、飲み物などを準備して歩きましょう。
天気は穏やかでも気温は低いです。手袋やネックウォーマーなどの防寒対策もしっかりしましょう。

↓ほとんど雪に埋もれてしまっていますが、この看板を目印にグランデコへの道から分かれて行きます。

↓看板のすぐ横には、人が通った跡がありました。ここから鳥居のある探勝路の入り口を目指して歩きます。

↓探勝路入口の鳥居は下をくぐれないほど雪が積もっていました。脇を通りましょう。

↓探勝路の様子

今日は数日前の踏み跡が残っていましたが、雪が降り、踏み跡がなくなると、道に迷う危険性があります。
ガイドさんに案内してもらうことをおすすめします。
また、頭上の木からの落雪にも注意しながら歩くようにしましょう。

↓探勝路にはネズミの仲間と思われるものの足跡がたくさんありました。

↓しばらく進むと杉林の急な斜面を登るようになります。

↓斜面を登りきり、平坦なところを更に進むと小野川不動滝に到着です。

↓滝の端が青く凍ることから、磐梯山のイエローフォールに対し「ブルーフォール」と呼ばれています。

小野川不動滝から更に進む道もありますが、そちらにはトレースがついていませんでした。
滝を見たら、来た道を戻ることをおすすめします。

最後に今日見られた冬芽を紹介します。

↓トチノキ。冬芽のネバネバに虫が捕まっていました。

↓花芽がたくさんついているキブシ。

↓帽子を被っているようなリョウブ。

ブルーフォール以外にも、冬芽や動物の足跡などが楽しめる小野川不動滝探勝路を歩いてみてはいかがですか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※近年、イノシシやシカも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。 どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)

※長靴、クマ鈴、スノーシューをレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。