今日は小野川不動滝探勝路を歩いてきました。裏磐梯ビジターセンター正午の気温は1.3℃、積雪は90㎝でした。

スノーシュー、上下レインウェア、防寒着、帽子、手袋などの防雪・防寒対策をおこない、温かい飲み物や行動食なども準備するとよいでしょう。

↓看板はほとんど雪に埋もれてしまっていますが、ここから鳥居のある探勝路の入り口を目指して歩いて行きます。

今日は雪が締まり、スノーシューが雪に埋まることもなく、歩きやすい状態でした。
小野川不動滝までは、トレースもしっかりついていて、道が分からなくなることもありませんでした。
しかし、雪が降り踏み跡がなくなると、道に迷う危険性がありますので、ガイドさんに案内してもらうことをおすすめします。

↓雪に埋もれた鳥居のわきを通ってスタートです。

↓今日はお天気も良く、雪もザクザクで、スノーシュー日和でした。

しばらく歩くと、小野川不動滝に到着です。
冬の小野川不動滝は、滝の端が青く凍ることから、磐梯山のイエローフォールに対し、ブルーフォールとも呼ばれています。

↓冬も変わらず大迫力です。水しぶきで虹も出ていました。

↓滝つぼ近くの氷がとくに青く見えてきれいでした。

小野川不動滝からさらに先に進む道もありますが、そちらははじめのうちはトレースがありましたが、途中からはなくなりました。
滝を見たら、そのまま来た道を引き返すことをおすすめします。

↓人間の踏み跡はなくなりましたが、動物が足跡をつけてくれていました。

↓キツネでしょうか?

最後に今日見つけた冬芽を紹介します。

↓小人のようなヤマハンノキ。

↓オオバクロモジ(真ん中のとがっているものが葉芽で、2つ付いている丸いものが花芽です。)

↓にんまり笑っていたのはヤチダモでした。

まだまだ寒い日が続きますが、裏磐梯の冬の風物詩、ブルーフォールを見に行ってみませんか?

◇はるるん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら
※長靴、クマ鈴、スノーシューをレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。