昨日は、レンゲ沼・中瀬沼探勝路と曽原湖畔探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の天気は曇、気温は0℃でした。
上下レインウェア、帽子、飲み物、クマ鈴などを準備して歩きましょう。
手袋やネックウォーマーなどの防寒対策もしっかりしましょう。

探勝路には、場所によっては30㎝ほどの積雪があります。足元には十分注意して歩きましょう。
長靴かスノーシューがおすすめです。

↓最初はレンゲ沼・中瀬沼探勝路です。一面真っ白です。

↓レンゲ沼はほとんど凍っていました。

↓探勝路内はうっすらと踏み跡がありました。

↓ハンノキ

ハンノキの花は冬に咲きます。

↓ツタウルシの実

鳥が食べることもあります。

↓探勝路内にはニホンノウサギの足跡がたくさんありました。

↓中瀬沼展望台からの景色

↓木道部分にも多くの雪が積もっています。端を歩きすぎて、落ちないように注意しましょう。

次は曽原湖畔探勝路です。レンゲ沼・中瀬沼探勝路から車道を北に進み、曽原湖南西部から一周します。

↓探勝路入口の看板には「曽原湖ランニングコース」と書かれています。

歩き始めはあまり雪が積もっていませんでしたが、探勝路を進むにつれ雪が深くなる場所もありました。

↓探勝路の様子

葉痕や冬芽が何に見えるか考えながら歩くと、いつも以上に楽しく歩けます。

↓コシアブラの葉痕

何かが笑っているように見えませんか?

↓ムシカリ(オオカメノキ)の冬芽

両手を上げバンザイしているようです。

曽原湖の北側まで進むと、探勝路は終わり、湖の東側半分は車道を歩くようになります。

↓車道からはミコアイサを見ることができました。

とても静かな探勝路でした。
普段は気に止めない冬芽や葉痕を見つけながら、歩いてみてはいかがですか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはレンゲ・中瀬沼探勝路はこちら 曽原湖畔探勝路はこちらから

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。まだ冬眠していない可能性があります。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。 どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)

※長靴、クマ鈴、スノーシューをレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。