快晴の青空の下、裏磐梯野鳥の森探勝路と桧原・細野パノラマ探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の気温は26.6℃と、汗ばむ気候でした。
足元は防水性のトレッキングシューズ、服装は脱ぎ着のしやすい長袖長ズボンと帽子がおすすめです。
上下レインウェア、クマ鈴、飲料水、行動食なども持って行くようにしましょう。

まずは、裏磐梯野鳥の森探勝路から出発です。
↓この探勝路のはじめは木道が通っていますが、所々破損している箇所があります。足元に注意して歩きましょう。

↓頭上を見上げると、サルナシの花が咲いていました。

↓ミヤマイボタが白い清楚な花を咲かせていました。香りもよい花です。

↓サイハイランは、花弁の一部の赤紫色が目を引きます。

↓アマゴイルリトンボ。オスはコバルトブルーの体色が鮮やかできれいなトンボです。

↓木道の通る湿地帯を抜けると、ブナやミズナラの森のなかに入っていきます。

↓ギンリョウソウ。別名ユウレイタケとも言われますが、まるでたくさんの幽霊が集っているかのようでした。

森のなかをしばらく歩いて行くと、展望台に到着です。
↓展望台からは桧原湖と磐梯山が望めます。

展望台から下り、桧原・細野パノラマ探勝路に入ります。
↓この探勝路では、次々と立派な巨木がお出迎えしてくれます。お気に入りの一本を探すと楽しいです。

↓ササが生えているところでは、ヤマキマダラヒカゲが飛んでいました。

↓途中、桧原湖を望める場所もあります。

↓足元に咲いていた小さな星型の白い花は、ツルアリドウシと言います。

↓続いて足元を見ていると、クマのフンが!

裏磐梯野鳥の森、桧原・細野パノラマ探勝路では、湿地や森のなかの様々な生き物に出会えます。桧原湖や磐梯山の美しい眺めも楽しめるコースですので、ぜひ歩いてみてください。

◇はるるん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。
ダウンロードはこちらから→裏磐梯野鳥の森探勝路桧原・細野パノラマ探勝路

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に生息しはじめました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)