昨日は歩きやすい気候のなか、雄国せせらぎ探勝路を歩いてきました。
ビジターセンター正午の気温は22.1℃。絶好のトレッキング日和でした。

雄国沼へ行くルートはいくつかありますが、裏磐梯からは「雄国せせらぎ探勝路」を使って登山するのが一番ゆるやかなコースです。ゆるやかとは言っても、標高差200mほどの登りになるので、しっかりと登山の準備をしましょう。

足元は防水性のトレッキングシューズ、服装は脱ぎ着のしやすい長袖長ズボンと帽子がおすすめです。上下レインウェア、クマ鈴、飲料水、行動食なども持って行くようにしましょう。

↓雄国せせらぎ探勝路の入り口は階段になっています。

雄国沼休憩舎まではなだらかな登り道が続きます。
途中には、数箇所沢を渡るところや急な登りもあるので注意して歩きましょう。

↓沢を渡るところ

↓急な登り道

探勝路内では様々な生きものを見ることができました。
↓ヤグルマソウ

↓コケイラン

↓ミヤマクワガタのメス

雄国沼休憩舎に到着し、一休みしたら次は雄国沼湿原を目指します。
湿原に向かっている途中ではアサギマダラを見ることができました。

↓タニウツギにとまるアサギマダラ

↓いよいよ湿原に到着です。

↓湿原ではニッコウキスゲが咲いていました。しかし、まだ蕾の方が多い印象です。

他にも湿原ではコバイケイソウやタテヤマリンドウなどを見ることができます。
↓コバイケイソウ

↓タテヤマリンドウ

↓ヒオウギアヤメ

ニッコウキスゲが咲き始め、黄色、白、紫などいろいろな色の花を見ることができます。
たくさんの色が共演している雄国沼を歩いてみませんか。

◇さはらん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)