今日は小雨が降ったり止んだりするなか、レンゲ沼・中瀬沼探勝路と桧原湖畔探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンター正午の気温は13.4℃でした。
散策には、上下レインウェア、帽子、飲み物、クマ鈴(クマも活動を始めました)などを準備するとよいでしょう。

まずは、レンゲ沼・中瀬沼探勝路です。
探勝路は全体的に歩きやすい状態でした。

↓木道近くの湿地では、お馴染みのハンノキ林とミズバショウの群生のコラボが見られました。

↓小さな沼では、クロサンショウウオの卵嚢が見られました。

↓つる性のシダ植物「ヒカゲノカズラ」が地面を這い始めていました。

↓中瀬沼展望台からの眺め。今日は磐梯山は見えませんでしたが、桜と少しずつ萌え出した新緑に、季節が変わったことを実感しました。

↓カエデ類は紅葉ばかりが注目されがちですが、今まさに花盛りを迎えています。

↓葉っぱに目をやると、キクビアオハムシがいました。植物が芽吹いてくると、いよいよ虫も出てきますね!

続いて、桧原湖畔探勝路を歩きました。
↓このコースは舗装されており、歩きやすいコースです。

↓探勝路には、数カ所まだ雪が残っているところがありました。トレッキングシューズでの散策がおすすめです。

↓そして、他のコースにはないこのコースの一番の特徴は、吊り橋を渡れるということです。冬期期間中は外されていた吊り橋がかかり、再び通れるようになりました。

↓吊り橋からの眺め。今日は曇り空でしたが、桧原湖と周りの森の景色がきれいでした。

探勝路では、少しだけ花も見られました。
↓スミレの仲間

↓マルバマンサク

↓ムシカリ

↓地味ですが、ツノハシバミ(左が雄花で、右の赤いイソギンチャクのようなものが雌花)

少しずつですが、新緑が萌え出し、低木や林床の花も咲き始めています。季節の移り変わりを感じながら、レンゲ沼・中瀬沼、桧原湖畔探勝路を歩いてみてはいかがでしょうか?

◇はるるん◇

※こちらの自然情報はPDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちらから→レンゲ沼・中瀬沼探勝路 桧原湖畔探勝路
※裏磐梯では、近年クマだけでなく、イノシシも生息し始めました。
十分注意しましょう。 どちらも目撃したら、当センターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)
※イベント「わくわく散歩」「スライドトーク」常時実施中です!
※長靴、双眼鏡、クマ鈴をレンタルしています。料金等の詳細はお問い合わせください。