夏休み直前の昨日、毘沙門沼周辺を散策しました。
正午の気温は23.6℃と、長袖で歩くと暑く感じました。

ここ数日も雨の日が多く、探勝路はぬかるんだり水たまりがあったり、木道や岩の上は滑りやすくなっています。
滑りにくい防水性のトレッキングシューズを履いて散策しましょう。
雨対策には、傘よりもレインウェアをご準備ください。
また、ヤマウルシやツタウルシが多く、触れるとかぶれる恐れがありますので、暑い中ですがあまり肌を露出しない服装、長袖長ズボン、帽子を着用しての散策をおすすめします。

↓探勝路の水たまり
20160715毘沙門沼 (61)

↓毘沙門沼と磐梯山(磐梯山は明治の噴火から昨日でちょうど128年が経ちました)
20160715毘沙門沼 (43)

さて、自然情報です。
夏の花が咲いてきたり、昆虫たちが花の蜜や花粉を求めてやってきたりとこれまでとはまた違った雰囲気を感じることができます。

↓ゲンノショウコ
20160715毘沙門沼 (7)

↓ウツボグサ
20160715毘沙門沼 (67)

↓クサレダマ
20160715毘沙門沼 (167)

↓イワガラミに2匹の昆虫がやってきました(左はトラフカミキリの仲間、右は誰でしょうか・・・)
20160715毘沙門沼 (73)

↓アキアカネ
20160715毘沙門沼 (176)

↓ヤマナメクジ
20160715毘沙門沼 (157)

暑い夏は裏磐梯で涼みながら、ゆっくりと散策してみませんか?

◇ろっぴ◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの生息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に生息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)

夏休みイベントを実施中です!
詳しくはこちら