今日は雨上がりの曇り空の下、毘沙門沼周辺を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンターの正午の外気温は18.1℃と、散策にはちょうどよい気温でした。

トレッキングシューズまたはスニーカー、帽子、飲み物、クマ鈴等をしっかり準備した上での散策をおすすめします。また、天候の変化にいつでも対応できるよう、上下のレインウエアを常備して散策にのぞみましょう。

↓ぬかるみがあり、木道は滑りやすくなっていますので気を付けて下さい。

まだ蕾の花、今咲いている花、実になったものなどいろいろ楽しめます。
↓オオウバユリの蕾

↓エゾアジサイの花

↓トチの実

↓ヤマボウシの実

↓桑の実と、ツキノワグマが桑の実を食べた跡?。

今日は七夕です。オリヒメとヒコボシの逢瀬は如何でしょうか?
夜には晴れて天の川が見れることを祈りましょう。

◇くりりん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの棲息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)