今日は快晴の青空の下、レンゲ沼・中瀬沼自然探勝路を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンターの正午の外気温は21.6℃と、初夏を思わせる気候でした。

トレッキングシューズを履き、クマ鈴を鳴らしながら散策しましょう。これからの季節は、日差しや暑さ対策として、帽子、飲み物、タオル等の準備が欠かせません。また、天候の変化にいつでも対応できるよう、上下のレインウエアを常備して散策にのぞみましょう。

↓探勝路の様子。きれいな状態に保たれています。

さて、自然情報です。

↓今日の中瀬沼展望台からの眺めは、青空と緑の競演が見事でした。

↓ウマノアシガタ。花弁がてかてかしていて、英語ではバターカップとも呼ばれています。

↓ホタルカズラが少しだけ、可愛らしい顔をのぞかせていました。

↓ツルアジサイがたくさんの花を咲かせていました。

↓ギンイチモンジセセリ。銀色のストライプ模様がまぶしい、かよわく舞うチョウです。

↓鮮やかな青色が目をひくのは、エゾイトトンボでしょうか?

レンゲ沼・中瀬沼自然探勝路は1時間程度で、じっくり自然に親しむことのできるおすすめのコースです。さわやかな緑を感じながら、ぜひ散策を楽しんでみてください。

◇はるるん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの棲息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)