今日は青空の下、毘沙門沼周辺を歩いてきました。
裏磐梯ビジターセンターの正午の外気温は15.8℃と、散策にはちょうどよい気候でした。

トレッキングシューズまたはスニーカー、帽子、飲み物、クマ鈴等をしっかり準備した上での散策をおすすめします。また、天候の変化にいつでも対応できるよう、上下のレインウエアを常備して散策にのぞみましょう。

↓探勝路の様子。足元に注意して進みましょう。

さて、自然情報です。

↓今日の毘沙門沼は、さわやかな青緑色に見えました。

↓ガクウラジロヨウラクと思われます。葉に隠れて見落としてしまいそうでしたが、控えめながらも可愛らしいお花です。

↓アキグミの花は、お星さまの様にも見えます。

↓クルマバソウがたくさん咲いていました。

↓今日みつけた昆虫は、シロトラカミキリ。1.5㎝ほどの小型のカミキリムシです。

裏磐梯もすっかり緑が深まり、お天気がいいと、葉の緑の輝きがとてもきれいに感じられます。清々しい気候のなか、ぜひ毘沙門沼周辺を歩いてみてください。

◇はるるん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの棲息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)