今日は晴れたり曇ったりのなか、毘沙門沼に行ってきました。
ビジターセンター正午の気温は18.7℃でした。新緑の気持ちのいい探勝路を歩きました。

探勝路は歩きやすく整備されていますが、狭いところや岩がゴツゴツしているところもあります、足元には十分注意して歩きましょう。
トレッキングシューズと帽子、飲み物、クマ鈴等をしっかり準備した上での散策をおすすめします。また、天候の変化にいつでも対応できるよう、上下のレインウエアを常備して散策にのぞみましょう。

↓すれ違う場合は譲り合いましょう

↓歩道外には踏み込まないようにしましょう

さて、自然情報です
ベニバナイチヤクソウの向こうには毘沙門沼が見えます

トチノキの花がたくさん咲いていました

ミツガシワが見ごろです

エゾハルゼミの抜け殻がありました

昔、明欽坊というお坊さんが「ミョーキン、ミョーキン、ケケケケケ・・・」という声を聞いて悟りを開いたというお話があります。エゾハルゼミの声を聞きに来てみてはいかがでしょうか?

◇くりりん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの棲息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)