今日は霧雨のなか、桧原湖畔探勝路に行ってきました。
ビジターセンター正午の気温は12.5℃でした。今日は日が差しておらず、少し肌寒い気候です。

探勝路に雪は残っていませんが、道がぬかるんでいたり樹木の枝が頭上に当たりそうな箇所もあるため、足元や前方には十分注意して進みましょう。
トレッキングシューズと帽子、防寒着、飲み物、クマ鈴等をしっかり準備した上での散策をおすすめします。また、天候の変化にいつでも対応できるよう、上下のレインウエアを常備して散策にのぞみましょう。

↓道がぬかるんでいます。

↓樹木の枝が下に伸びている箇所があります。

↓冬の間は撤去されていた吊り橋がかかりました。

さて、ここからは自然情報です。

↓霧に包まれた桧原湖畔は神秘的な雰囲気です。

↓オオウバユリの葉がたくさん出ていました。オオウバユリは1~2mほどになるそうなので、これからどれくらいの速さでどのように成長するのか、とても気になるところです。

↓木の実のようにも見えますが、ツチグリというキノコの一種です。

↓ほんのりピンクの葉芽が可愛らしく、思わずシャッターを切りました。

↓雨の日はみずみずしいコケに目がいきます。雨ならではの風景です。

桧原湖畔探勝路は、裏磐梯で唯一の吊り橋のかかった探勝路です。吊り橋からの景色や桧原湖畔の自然を楽しみながら、ぜひ歩いてみてください。

◇はるるん◇

※こちらの自然情報は、PDFファイルでもご覧になれます。ダウンロードはこちら

※裏磐梯はツキノワグマの棲息域です。散策の際には、クマ鈴などでクマに人間の存在を知らせてあげてください。
また、近年、イノシシも裏磐梯に棲息し始めました。十分注意しましょう。
どちらも目撃したら、ビジターセンターにお知らせください。(電話:0241-32-2850)